イギリスのスーパーマーケットってどんな感じ?

10月も半ばになってくると、朝晩の冷え込みが厳しくなるイギリスです。ちょうど3年前に、初めてイギリスでの留学生活をスタートさせた時は、もっともっと寒かったような気がします。

 

イギリス生活を送るにつれて、寒さに慣れてきたのかもしれません。体を芯から冷やすような風が吹き、これで雨が降れば、日本の冬のように寒く感じられます。

 

今では普通のことになりましたが、留学を始めた3年前、毎日スーパーマーケットに行くのが楽しみでした。日本とは違うものばかりで、初めて見るものもたくさんありましたから、飽きるということはまずなかったですね。

 

私が留学をしていたのは、イギリス南部のブライトンという町です。リゾート地なので、留学生も多く、おしゃれな町。そんな場所で1年半を過ごし、現在はケント州のEdenbridgeという町に住んでいます。ロンドンまでは電車で30分の、住宅街です。

 

イギリス国内なら、スーパーマケット事情はだいたい同じです。高級スーパーから庶民のリーズナブルなスーパーまで、その地域に最低一つはあります。

 

高級スーパーWaitroseは、私の住んでいるところから最も近いスーパーです。なのでよく行くには行くのですが、やっぱり大量買いするときには、安いスーパーに行きます。ここから2番目に近いのがMorrisonsです。それに並んで、TESCO、Sainsburysあたりは比較的庶民の味方のスーパーです。

 

昔は階級ごとにスーパーも違ったと言われていますが、現代では単にお金があるかないか、健康志向かどうか、であると思います。確かにWaitroseの食品は美味しいし、新鮮。アジア食材もわりと豊富。ですから日本人はみんなWaitroseが好きですね。

 

私はとくにこだわりがないので、どのスーパーでも良いです。アジア食材は、ロンドンに行った時まとめ買いしますし、母親が送ってくれますしね。

img_1452

Waitroseが一番近所だし、今日はWaitroseにいきましょう。エントランスは花でいっぱい。これはだいたいどこのスーパーでも同じです。ここのWaitroseはプラントもいっぱい置いてあります。たいていはスーパーのエントランスでは、そのまま持っていける花束を売っています。家族や恋人に花束をすぐにプレゼントできるように、どこのスーパーでも花束を売っているのです。素敵ですね。

 

img_1454

img_1451

さらに、パンの種類はやっぱりとても豊富です。イギリス人はわりとどんなパンでも食べると思います。フランスに行った時は、当たり前ですがどこに行ってもバゲットが多かったですね。留学中も、フランス人の友達はバゲットとチーズをかじっていた。イギリス人は、それに比べるとパンへのこだわりはそこまでないように思います。

img_1458

 

チーズの種類の多さ、乳製品の美味しさには最初びっくりしました。ヨーロッパ中のチーズ、さらにハムなんかも種類はかなり豊富です。イギリス人の友達は、日本のチーズの小ささ、小分けされている包装にびっくりしたとか。

確かにこれで慣れていたら、日本のチーズじゃ物足りないでしょう。

img_1470

バターもこれだけ種類があります。ヤギのバターもありますよ。乳製品は、本当に豊富で美味しいのです。

img_1469

アジア食材もあります。こちらで製造しているのでしょう。いつも見かける、小さな容器に入った日本(?)の調味料。こんな醤油じゃ足りないので、私はいつもロンドンの大型アジアスーパーまで行って大量買いします。

img_1466

 

花束と一緒にプレゼントすることが多いのはチョコレートの詰め合わせ。これはWaitroseよりもM&Sというブランドのものが可愛いし、種類が豊富です。イギリス人でチョコレートが嫌いという人はめったにいません。男性もみんなチョコが大好き。とくにこの詰め合わせが、喜ばれるんです。

このLINDORというチョコ、かなーり美味しいです。ちょっと高いのも納得の美味しさで、人気のチョコです。プレゼントすれば必ず「ありがとう!これ美味しいよねえええ!!」となります。

img_1472

 

板チョコの種類もとっても豊富ですよ!チョコレートも、イギリスのものは深い味がして美味しいと思います。スイス産、ベルギー産も豊富。言うまでもなく、全種類試していたら太ってしまいますが。

スリムなベルギー人の友達は、ちゃんと1日ひとかけで終われるみたいです。やっぱり本場の子は超越してますよね。

img_1473

 

紅茶の種類は、さすが本場ですね。どこのスーパーでも、このくらいか、これ以上あります。普通のイングリッシュブレックファーストというお茶は、お徳用サイズが多いです。それで買っても、イギリス人家庭ならあっという間になくなります。

img_1467

 

イギリス人はジャガイモが大好き!フライドポテトのことは、チップスと言います。マッシュポテト、ローストポテト、それぞれの料理に合ったジャガイモを選ぶので、こんなに種類があるんです。写真にはありませんが、真っ赤なジャガイモのことは未だ謎なんですよね。多分みんな同じような味です。

img_1463

 

朝ごはん、ちょっとお腹の調子が悪い時に食べるオートミールのおかゆ、「Porridge」ポリッジ。体には良いんでしょうけど、私は好きじゃありません。おかゆの方がいい。イギリス人でも、好き嫌いはありますが、風邪の時なんか、良いみたいです。

img_1468

 

野菜は基本的に、日本のものよりでかいです。

 

img_1464

 

日本のスーパーでもありますが、サンドイッチなどのすぐに食べられるコーナーもあります。日本のお弁当も見つけました!美味しいのでしょうか。自分で作った方が美味しいとは思いますが、気になります。お寿司は基本、サーモンと茹で海老ですね。

副菜がちゃんと入っているのは、さすがWairoseってかんじです。「照り焼きマヨネーズ」をつけて食べるチキンカツのようです。美味しそうですね!

 

img_1460

 

 

いかがでしたか?イギリスのスーパーは、日本と違ってヨーロッパ中の食材を買うことが可能です。アジア食材は思うように手に入りませんが、うまく買い物することで、いろいろな国の料理を作ることができると思います。

ちょっとした友達とのパーティーなら、野菜スティックにチーズの詰め合わせ、生ハムにコールスロー、クラッカー、なんか買ってくれば十分です。素材は良いものが多いと思うので、ぜひイギリスでのお買い物を楽しんでほしいと思います!

Author: kanashuto

イギリス在住のフリーランスライターです。イギリスに関するコラム、健康、美容記事、その他どんなライティングでも、ご要望に合わせて執筆しています。 趣味は小説を書くこと、読書です。イギリス生活での何気ないことを書いて、楽しんでもらえたら幸いです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s